東北の被災地の借入方法

東日本大震災の被災地での借り入れ

すさまじい被害を出した東日本大震災ですが、被害の合った東北地方の被災地
では、やはりお金の問題で苦しんでいるが多いです。

 

国による復興支援金や、日本赤十字などの義援金は莫大な金額になりますが、
平等に被災者に行き渡っているとはとても言えません。

 

本当に必要な公共事業や、地元企業への融資などを除いて、基本的には住民
個人にお金が行かないと意味がないはずです。

 

ところが実際には、暴力団が関係する地元以外の企業に支援金が支払われたり、
怪しげな人物にお金がいったりとかなりひどい状況になっています。

 

復興事業にしても、まったく必要のない堤防などに巨額の資金が投入されて
います。

 

津波よけと言っていますすが、意味のないほど長距離に渡って工事が進められて
います。

 

そのほとんどの場所で、全然役に立たないと専門家も検証していました。
それでも不透明な資金の流れが続いています。

 

工事の担い手も地元企業ではありませんし、これでは復興の意味がありません。

 

このような状況の中で、特に津波や地震で家を失ってしまったり、放射能の
影響で住むことができなくなってしまった人などは、消費者金融のキャッシング
を利用する人が増加しています。

 

カードローン会社の大手のプロミスでは、早くから震災被害者に返済の減免措置や
一時的に支払いを先延ばしするなど、支援策を打ち出してきました。

 

そのため被災地でも評判が良く、利用者も増加しているようです。

 

実際にキャッシングをする人は、移住先の引越し費用などに活用するケースが
目立ちます。

 

東京などに出てしまえば、贅沢を言わなければ仕事はありますし、現実的に
返済を行うことも可能です。

 

それに給与水準も東北地方よりは高めなので、少なくとも復興が進むまでは東京で
働こうという人はプロミスなどを利用して、新しい生活を始めています。

 

職探しをする時も、震災の被害者ということが分かると、積極的に採用してくれる
企業もあり、早めに動いた人は有利だったと思います。

 

すでに借り入れ金も返済して、新しい移住先でも根をおろして生活している家族も
います。

 

ただまだまだお年寄りなどは、地元に執着してしまったり、病気で移住が遅れたり
で、大変な思いをしている人もいます。

 

そういったい人たちは、さすがに総量規制などの問題もあり、消費者金融から
借り入れすることもできないので、十分な継続的な支援が必要ですね。

東日本大震災において、いち早く支援策を打ち出したのは消費者金融では、大手の
プロミスです。

 

具体的な内容は、返済金の減免や支払いを一時ストップするという措置せす。
津波や原発の放射能漏れの影響で、家や職を失った人たちには、大きな支援策と
言えるでしょうね。

 

国の復興支援金などは、このように個人に実際に役に立つような施策は、あまり
行動に移されていません。

 

一応は融資をするような決定をしても、審査がやけに厳しかったりして実際に借り
入れができるのは、ごく一部だったりしています。

 

そのような中で、プロミスは民間の消費者金融業者でありながら、非常によくやって
いますね。

 

私の知り合いも、震災の被害にあっているのですがやはりお金の問題には苦労した
そうです。

 

彼はまだ子供も小さく、これからいろいろとお金が掛かるので、すぐに住み慣れた
土地を離れることを決断しました。

 

そしてとりあえず東京ですぐに働ける派遣社員をしながら、就職活動をしていました。
でもやはり引越し費用や生活の立て直しのお金が予想以上にかさみ、消費者金融を
利用することにしたそうです。

 

ただ平日は忙しいので、土日しか利用できなかったので、総合的に考えて震災時にも
協力的だったプロミスを選択しました。

 

それまでの経緯から、彼以外の被災者にも人気が出ていたそうです。
やはり口だけなく、実際に社会貢献するような企業は評価が高まりますね。
他のカードローン会社も追随しましたが、先行しているところにはかないません。

 

知人は、プロミス土日キャッシングを活用して、生活をぎりぎり回していくこと
ができたそうです。

 

最初は利息+少しの元本だけ返済している内に、奥さんも仕事が見つかり、本人も
正社員として採用されたので、一気に生活が楽になったそうです。

 

今では借入金も完済したので、完全に元の生活を取り戻した、と喜んでいました。
もちろん地元に戻りたい気持ちもあるのでしょうが、子供の生活も考えて、当面は
東京で生活していくそうです。

 

いまだに消費者金融に悪いイメージを持つ人がいますが、きちんと社会貢献もして
いますし、昔とは明らかに違う業界になってきていますね。

続きを読む≫ 2014/08/17 20:50:17

消費者金融は、金融庁から法律的なしばりを受けています。
これはかつて「サラ金地獄」と言われるような状況があり、社会的に大問題に
なった時代が合ったからです。

 

異常な取り立てや、返済不能な状況の人にもたくさん貸し付けて、最後は多重
債務者になってしまったりと、テレビや新聞のニュースでも連日大きく取り上げ
られていました。

 

なかには自殺に追い込まれてしまったり、離婚になって家庭崩壊など、消費者金融
の業界自体もイメージが最悪でしたね。

 

そこで金融庁も重い腰を上げて、改正貸金業法という法律を制定して、総量規制と
いう規制を制定しました。

 

これによりキャッシングは、年収の3分の1までしか利用できなくなりました。
しかも複数の消費者金融の合算で適用されるので、まともな業者を利用する限り、
多重債務者というのはありえなくなりました。

 

ただこの法律のおかげで、東日本大震災の被災は、消費者金融を利用しにくくなって
いるという問題があります。

 

震災直後などは仕事など出来るわけもなく、当然、総量規制で求められる定期収入が
得られない状態です。

 

即日にキャッシングが必要な人でも、まずは仕事を探してから申込みということに
なってしまいます。

 

これでは間に合いませんね。

 

本来なら、国からの復興支援金や民間の義援金を優先的に、個人の生活費などに回し
て上げるべきなのですが、不透明な資金の流れが見られ、実際に支援金をもらって
いる人はごく一部という有り様です。

 

その中でもプロミスなどは、被災者向けの優遇措置などを打ち出していましたが、
総量規制を無視するわけにはいきません。

 

国も復興支援金をまともに融資することもできないのなら、総量規制に特例措置
などを設けて、キャッシングを利用できるようにするべきですね。

 

もう震災発生からかなり時間が経過してしまいましたが、今現在、生活をしっかりと
立て直ししている人たちは、早くに移住して職を見つけています。

 

いつまでも仮設住宅にいる人などは、なかなか元通りの生活に戻れていません。

 

プロミスのキャッシングなどが早めに利用できれば、引っ越し費用や移住先の住居
もとりあえず確保できたはずですし、是非とも法律の改正は必要ですね。

続きを読む≫ 2014/08/17 20:46:17