プロミスの土日のキャッシングを被災者が利用

被災者がプロミスの土日のキャシングを利用した理由

東日本大震災において、いち早く支援策を打ち出したのは消費者金融では、大手のプロミスです。

 

具体的な内容は、返済金の減免や支払いを一時ストップするという措置せす。津波や原発の放射能漏れの影響で、家や職失った人たちには、大きな支援策と言えるでしょうね。

 

国の復興支援金などは、このように個人に実際に役に立つような施策は、あまり行動に移されていません。一応は融資をするような決定をしても、審査がやけに厳しかったりして実際に借り入れができるのは、ごく一部だったりしています。

 

そのような中で、プロミスは民間の消費者金融業者でありながら、非常によくやっていますね。私の知り合いも、震災の被害にあっているのですがやはりお金の問題には苦労したそうです。

 

彼はまだ子供も小さく、これからいろいろとお金が掛かるので、すぐに住み慣れた土地を離れることを決断しました。

 

そしてとりあえず東京ですぐに働ける派遣社員をしながら、就職活動をしていました。でもやはり引越し費用や生活の立て直しのお金が予想以上にかさみ、消費者金融を利用することにしたそうです。

 

ただ平日は忙しいので、土日しか利用できなかったので、総合的に考えて震災時にも協力的だったプロミスを選択しました。

 

それまでの経緯から、彼以外の被災者にも人気が出ていたそうです。やはり口だけなく、実際に社会貢献するような企業は評価が高まりますね。他のカードローン会社も追随しましたが、先行しているところにはかないません。

 

知人は、プロミス土日キャッシングを活用して、生活をぎりぎり回していくことができたそうです。最初は利息+少しの元本だけ返済している内に、奥さんも仕事が見つかり、本人も正社員として採用されたので、一気に生活が楽になったそうです。

 

今では借入金も完済したので、完全に元の生活を取り戻した、と喜んでいました。もちろん地元に戻りたい気持ちもあるのでしょうが、子供の生活も考えて、当面は東京で生活していくそうです。

 

いまだに消費者金融に悪いイメージを持つ人がいますが、きちんと社会貢献もしてますし、昔とは明らかに違う業界になってきていますね。